5.三日市.comの投資方針まとめ

ここでは当サイト管理人の投資に対する考え方をまとめて紹介したいと思います。

投機ではなく投資をする

三日市.comでは、投資と投機の間には絶対的に埋まらない溝が2つあると考えています。

それは、本質的な価値が備わっているかどうか。もう一つは、価値の増加分を自ら創造あるいは生産するかかです。

この違いが、資産運用において長期的な平均リターンを左右します。無理に難しい土俵で戦う必要はないと思うので、長期投資を中心に運用しています。

選好資産とポートフォリオ

国際分散株式を中心に、極稀に個別株を選んでいます。
三日市.comでは、国債の貧弱性は深刻なものだと考えているため、ポートフォリオに加えることは基本的にありません。

無リスク資産は現金で保有し、ヘッジ資産として一部をゴールドで保有することが稀にあります。ゴールドの保有比率は運用資産の最大10%以内が良いと考えています。

以上のように、主に株式と現金の保有比率で調整するやりかたです。(ただし日本の長期金利が上昇してきたらやり方は変えます)

売買の判断

三日市.comでは、短期的なトレンドは意識的に無視します。

長期的な株価は、必然性をもって生み出す富により決定されていくと考えているため、本質的な価値と今後生み出せる富に着目し、価格が安いかどうかを判断して投資します。

そのため、浮動時価総額比率よりも時価総額、特に平均PERやGDPなどを重視します。政権や経済不安定な国家にも、成長性が高いと見れば、積極的に投資します。

人々が価値あるものを投げ売り、恐怖しているところを買い、人々が価値が高いと妄信しているところを売る。これが投資の原点だと考えています。